スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ

長谷部マサコです。

根岸吉太郎監督がモントリオール世界映画祭で最優秀監督賞を受賞した
ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ を見てきました。

根岸監督も東洋的なニュアンスを読み取ってもらって大変うれしいとコメントされていたんですが

この映画の主人公、大谷は世界的、普遍的に女性にもてるタイプだと思います!
そしてこういうタイプの人は今の時代けっこういると思います。
彼みたいに才能のある人はなかなかいないかもしれませんが・・・。

その周りの人々の彼への接し方がとっても日本的だと感じ、古きよき時代だとも思いました。
そして単純に・・・松たか子さん綺麗~。

映画をみるとその出演者の誰かに自分を重ね合わせてしまいませんか?
映画館って非日常的な空間を楽しめるから好きです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
アクセスありがとうございます!
小鳥たちが飛び回る(Twitter連携可能)ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。